活動の主旨


   ご存知のとおり、今や他の地域や海外からの大量の外来生物が押し寄せる
時代となりました。これは全ての国や地域の問題です。     

     北海道石狩川中流に位置するここ深川の地でも、たくさんの外来生物が進
   入定着し、生態系を壊して、古き良き時代の環境が失われつつあります。

     なかでもアズマヒキガエルは、私たち北海道人が持っているカエルのイメ
ージとはほど遠い大型で有毒のカエルです。          
     人里を住み家とし、深川付近が北海道内への発生拡大の源となった経緯の
ある北海道指定の国内外来種です。              
       

      また、アライグマは、天敵のいない北海道で急速に増加を続けており、 
     ここ深川でも、農作物の被害だけでなく、家庭菜園を荒したり家屋に侵入 
するなど、問題が常態化しています。            
     現在の農業関係者を中心とする捕獲だけでは増加を抑えられず、今後がと
ても憂慮されます。                    


      人間に連れてこられた動物たちに罪はありませんが、ここは彼らに悪者に
     なってもらい、みんなで協力して地域から排除し、深川の美しい農村環境を
取り戻そうではありませんか!               

                     深川市(音江)から見る田園風景